LCCの格安航空券を利用して浮いた飛行機代で旅行を楽しむ方が賢明

hkiwwh

四季折々の美しさがある日本はどの時期に旅をしても楽しめる国です。旅行ツアーに参加してピンポイントで簡単に名所を回るのも良いですが、ツアーだとフリータイムに制限があるので存分に楽しめない場合があります。場合によっては本来大して興味のない所も観光ルートに組み込まれているために、貴重な時間をそのような場所での観光に費やすことにもなりかねません。

ツアーの方が料金がお得と考えてしまいがちですが、格安の飛行機を利用すればお得で賢く旅をすることができます。先日私は北海道へ格安航空券を利用して旅行してきました。東京(羽田)-北海道間のチケットが5,000円以下の値段で手に入れることができました。浮いたお金で北海道の美味しいグルメを思いっきり食べることができたので、家に着いたら多少体重が増加していましたが、何よりの楽しい思い出になったと思います。飛行機に乗っている時間は片道2時間弱ですから、そこにお金をかけるよりは現地でお金を使った方がより賢い旅ができるというものでしょう。

格安航空券の購入方法は主にインターネットでということになります。電話でも購入することはできますが、諸費用がかかるのですすめません。おすすめの格安航空券をゲットできるサイトとしては、HIS、北海道行きであればスカイチケット、などの他にANAやジェットスターやピーチなど各LCC会社のウェブサイトなどがあります。自分の日程や利用空港などから最適なものを選んでください。

ちなみにLCCとはLow Cost Carrierの略で、国内線であればピーチアビエーション、スカイマーク、JetStar・Japan、バニラエア、春秋航空日本があります。国際線ではScoot、JetStar、エアプサン、ジンエアー、チェジュ航空、T’ Way航空、イースター航空、エアアジア航空などがあります。それぞれのLCCでは出発地や到着地に違いがありますので、自分が利用する空港や目的地をきちんと確かめてから予約するようにしてください。

LCC各社の航空券が安いのは墜落する確率が高いからなどといった悪評がありますが、LCC各社は安全性確保に真剣に取り組んでおり、墜落する可能性は0.0009%ほどで、これはJALやANAのようなレガシーキャリアと比べて遜色のない数字です。そのため安全性に関しては全く心配する必要はありません。LCCが安い航空券を提供できるのは徹底したコスト管理の賜物ですから、安さを追求したい場合は利用すると良いでしょう。

格安の飛行機チケットを利用して福岡旅行を楽しむ方法とその注意点

旅行は誰でも楽しみなものです。観光地で思いっきり遊ぶためにはお金が必要ですから、飛行機代は抑えた方が得策でしょう。そこでおすすめなのがLCCの利用です。ジェットスターやピーチなどのLCC各社ではJALやANAなどのレガシーキャリアに比べると2~5割近く安い価格の飛行機代を提供してくれています。LCC各社ではドリンクやフードなどの機内サービスが有料になりますが、国内線であればほんの1~2時間機内にいるのみで、そのようなサービスを利用しないとか、あらかじめ自分でドリンクやフードを用意していれば問題ないという人であればLCCを利用した方が良いでしょう。ただし、キャンセル料がとても高くついてしまうので、旅行の予定を立てる時は十分に余裕を持った日程で、まず変更の予定がない日を確定した上でLCCを利用した方が良いです。

例えば先日私は福岡に行ったけれども、東京の羽田空港から福岡空港までの片道チケットがスカイマークを使って1万円以下で購入することができました。浮いたお金で福岡でのグルメやショッピングを楽しむことができました。野球がお好きな方であれば春ならヤフオクドームでオープン戦を楽しむと良いでしょうし、福岡には温泉が沢山ありますので、博多温泉や二日市温泉、原鶴温泉などでのんびりお湯に浸かるのもおすすめです。特に原鶴温泉は皮膚病やアトピーに効果があるといわれているおんせんとして人気があります。

旧門司税関や旧大阪商船などのレトロな建物を観て回る散策ツアーもおすすめです。福岡と聞いて外せないのはやはりグルメでしょう。博多ラーメンやもつ鍋、一口餃子など、福岡に来たら行かなきゃ損だと言われるほどの絶品グルメが待っていてくれますので、こちらでお金を使った方が賢明です。旅にはお金がかかるものですが、格安の飛行機で行けば、このようなグルメを前にしてお金をけちる必要がありません。早めに旅行の日程を確定させてLCCでチケットを押さえましょう。

気を付けなくてはならないのはLCCがいつも格安天気がわるくなると飛行機が飛ばなかった場合、振替便の手配やそれを待つために空港近くのホテルに宿泊するための手配などレガシーキャリアであれば受けることができるサービスはほぼないと思った方が良いです。この点を踏まえた上でLCCを利用してみてください。

格安の飛行機を利用する際に気を付けるべき注意点4つ

格安航空券を利用することによって飛行機代を安くおさえて、お得に旅をする人が増えてきました。最近ではジェットエアーやピーチ、春秋航空などLCC各社がしのぎを削っており、私たち利用者にとっては安い料金で飛行機を利用できるので嬉しい限りです。しかしLCCを利用する際には4つの注意点が必要です。

一つ目は変更やキャンセル料が高いということです。JALやANAのようなレガシーキャリアでは変更やキャンセル料は負担にならない程度ですが、LCCの場合それらの料金がとても高くなってしまいます。もしやむを得ない事情で飛行機をキャンセルする羽目になってしまうと格安ではなくなってしまうのでとても損をしたような印象を受けるでしょう。結局レガシーキャリアの飛行機代とさほど変わらない料金を支払うことになってしまうからです。旅行の日程を作成する際には必ずこの日は旅行に行けるという日を選ぶようにしてください。

二つ目はLCCには往復割引がないということです。レガシーキャリアでしたら往復でチケットを購入するとある程度の割引が適用されますが、LCCにはありません。もし帰りの日程が不確実であれば片道だけ購入しておく方がベターです。もしチェックインに遅れるようなことがあればそれもペナルティーが科せられてしまいます。時間があるときに持った行動をすることもLCCを利用する上で必要です。

三つめは悪天候など航空会社の理由でフライトがキャンセルになった場合、振替便やホテルの手配がほとんど期待できないという点です。レガシーキャリアであれば、便数が多いですから振替便の手配をスムーズに行ってくれます。まあ宿泊が必要となった場合は近隣のホテルを手配してくれるので、悪天候に遭遇してしまっても安心して航空会社のサービスを受けることができます。しかしLCCの場合はほとんどの場合、このようなサービスを受けることができないと考えた方が無難でしょう。地方の空港では近隣のホテルの数が少ないので、空港のお客様カウンターで一夜を過ごすことになります。このような事態にあってもこれもこういう運命だと開き直ることができて、のんびりと待てる姿勢が取れる人の方がLCCの利用に向いていると言えるでしょう。

四つ目はLCCのチケット予約はインターネットが良いということです。電話予約もできますが、この場合手数料がかかりますので、格安感を感じることができなくなります。私のようにインターネットで希望の便を予約することが苦にならないタイプの人が向いていると言えるでしょう。

以上の点を踏まえて上手にLCCを利用してみてください。

LCCで飛行機代を格安にする方法と注意点

LCC(Low Cost Carrier)は私たち日本人にとって今やなくてはならない存在です。LCCのチケットはインターネットで簡単に購入することができますから、日程が決まったら早めにウェブサイトから格安航空券の料金をチェックしておいて、旅行の日程が確定したらすぐに購入することをおすすめします。LCCでも出発日に近くなればなるほど料金が高くなる傾向にあるので、もし出発日まであと2~3日しかない場合はJALやANAのようなレガシーキャリアとあまり変わらない料金になってしまうでしょう。こうなるとLCCを使うメリットが無くなってしまいます。

レガシーキャリアでもそうですが、出発日まで大分日数があればあるほど安くなるシステムがあります。いわゆる「早得」のようなシステムがLCCでもあるので航空券は早めにゲットしましょう。

時間に余裕を持って行動することも大切です。前述した航空券の購入を早めにすることも大切ですが、チェックインの時間に間に合うように行動することも大切です。私の友人はチェックインの時間に間に合わなかったために高いペナルティーの支払いを要求されました。同じように航空券のキャンセルの場合もとりけし料がかなりかかってしまいます。

レガシーキャリアを利用した時と同じくらいの飛行機代になってしまっては元も子もないので、旅程の作成も余裕のあるものを作りましょう。またインターネットではなく電話予約をした場合も手数料がかかりますのでLCCの場合はインターネットで購入した方が賢明です。せっかく安さのメリットを享受したいのですから、出来るだけ追加費用はかからないようにして、安い料金の航空券をゲットするようにしましょう。

同じ区間の格安航空券でも値段に開きがある場合があります。空席連動型の運賃の場合は空席が多い便ほど飛行機代が安くなります。例えば土日などの飛行機は混むので料金は高めに設定してありますが、平日の昼間のような観光客やビジネスマンがあまり利用しない便であれば空席が目立ってしまいますので、それを埋めるために飛行機代が安くなります。この時間帯の便数を狙うのもおすすめです。

旅行というと楽しいですが、費用がかさんでしまうとせっかくの思い出が台無しになってしまいます。もし機内サービスがないとか、空港内でのカウンターが遠いなどといったことが気にならないようであれば飛行機代は安く抑えて、目的地で思いっきりお金を使った方が賢いです。せっかくの旅行でケチケチしないようにLCCを上手に利用してみてください。

格安の飛行機代がさらに安くなる日についてとLCCが向いている人

旅行に行きたいと思ったらまずはツアーのチェックではなく、格安航空券のウェブサイトをチェックしてみましょう。例えば私は先日、東京の羽田空港から沖縄へLCCを使って旅行に行きましたが、料金はなんと5千円以下で行くことができました。浮いたお金で思いっきり沖縄の海を楽しめて大満足しました。LCCが離発着している空港を利用するのであれば、絶対にLCCを使った方がお得です。

LCCは現在ピーチやジェットスターなど数社があり、どれも飛行機代をレガシーキャリアの2割から5割安い料金で提供しています。LCCの安さの秘密は徹底したコスト削減です。機内サービスをゼロにし、代わりに飲み物や食べ物を有料にしました。また乗務員としての資格や経験のある人をスタッフに採用することで訓練コストなど人件費の削減も実現しています。

また旅行代理店を利用しないで自社で航空券を販売したり、マイレージサービスを運用したりしないなどの取り組みや運航機種を限定することも大幅な経費削減につながっています。このような地道な取り組みが功を奏して利用者に格安の飛行機代を提供できるのです。よくLCCは墜落しやすいなどといったデマが流れていますが、LCCの墜落する可能性は0.0009%以下ですから大手の航空会社に引け目を取らない低さです。LCCは格安航空券をていきょうしてくれるが、安全性には決して手を抜いていません。安心してお客様がフライトを楽しむことができるように努力しているので、その点は不安に思わなくても大丈夫です。

もし飛行機の手配などを秘書など他人にお願いしたいという人にはLCCを利用するメリットはあまりないかもしれませんが、時間に余裕を持って手間暇かけてチケットの手配をすることが苦にならない性格の人にとってはLCCの利用は大変メリットがあります。予約の変更やキャンセルに多額の費用がかかったりしますし、座席の変更や荷物を預けることでも思わぬ費用がかかりますので、旅行日程の作成に余裕を持ち、かつ旅行当日も余裕を持って行動できることができれば、LCCの格安の料金を手にするというメリットがあります。

悪天候にあってとばなくなるとLCCの場合、ホテルや振替便の手配のサービスを受けることがほぼ無いので自力で何とかする必要が出てきますが、これも自分で何とか解決することが苦にならない人であればさらにLCCが向いていると言えるでしょう。このような天気がわるいときでflightができないことが楽しめる余裕を持って行動してください。