格安の飛行機代がさらに安くなる日についてとLCCが向いている人

旅行に行きたいと思ったらまずはツアーのチェックではなく、格安航空券のウェブサイトをチェックしてみましょう。

例えば私は先日、東京の羽田空港から沖縄へLCCを使って旅行に行きましたが、料金はなんと5千円以下で行くことができました。

浮いたお金で思いっきり沖縄の海を楽しめて大満足しました。LCCが離発着している空港を利用するのであれば、絶対にLCCを使った方がお得です。

徹底したコスト削減をしているLCC

LCCは現在ピーチやジェットスターなど数社があり、どれも飛行機代をレガシーキャリアの2割から5割安い料金で提供しています。

LCCの安さの秘密は徹底したコスト削減です。機内サービスをゼロにし、代わりに飲み物や食べ物を有料にしました。

また乗務員としての資格や経験のある人をスタッフに採用することで訓練コストなど人件費の削減も実現しています。

また旅行代理店を利用しないで自社で航空券を販売したり、マイレージサービスを運用したりしないなどの取り組みや運航機種を限定することも大幅な経費削減につながっています。

このような地道な取り組みが功を奏して利用者に格安の飛行機代を提供できるのです。よくLCCは墜落しやすいなどといったデマが流れていますが、LCCの墜落する可能性は0.0009%以下ですから大手の航空会社に引け目を取らない低さです。

LCCは格安航空券をていきょうしてくれるが、安全性には決して手を抜いていません。
安心してお客様がフライトを楽しむことができるように努力しているので、その点は不安に思わなくても大丈夫です。

LCC航空を利用する事が向いている人

もし飛行機の手配などを秘書など他人にお願いしたいという人にはLCCを利用するメリットはあまりないかもしれませんが、時間に余裕を持って手間暇かけてチケットの手配をすることが苦にならない性格の人にとってはLCCの利用は大変メリットがあります。

予約の変更やキャンセルに多額の費用がかかったりしますし、座席の変更や荷物を預けることでも思わぬ費用がかかりますので、旅行日程の作成に余裕を持ち、かつ旅行当日も余裕を持って行動できることができれば、LCCの格安の料金を手にするというメリットがあります。

悪天候にあってとばなくなるとLCCの場合、ホテルや振替便の手配のサービスを受けることがほぼ無いので自力で何とかする必要が出てきますが、これも自分で何とか解決することが苦にならない人であればさらにLCCが向いていると言えるでしょう。

このような天気がわるいときでflightができないことが楽しめる余裕を持って行動してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です