LCCで飛行機代を格安にする方法と注意点

09510086LCC(Low Cost Carrier)は私たち日本人にとって今やなくてはならない存在です。

LCCのチケットはインターネットで簡単に購入することができますから、日程が決まったら早めにウェブサイトから格安航空券の料金をチェックしておいて、旅行の日程が確定したらすぐに購入することをおすすめします。

LCCでも出発日に近くなればなるほど料金が高くなる傾向にあるので、もし出発日まであと2~3日しかない場合はJALやANAのようなレガシーキャリアとあまり変わらない料金になってしまうでしょう。

こうなるとLCCを使うメリットが無くなってしまいます。

早割を使ってお得に航空券を購入しよう

レガシーキャリアでもそうですが、出発日まで大分日数があればあるほど安くなるシステムがあります。

いわゆる「早得」のようなシステムがLCCでもあるので航空券は早めにゲットしましょう。

時間に余裕を持って行動することも大切です。前述した航空券の購入を早めにすることも大切ですが、チェックインの時間に間に合うように行動することも大切です。私の友人はチェックインの時間に間に合わなかったために高いペナルティーの支払いを要求されました。

同じように航空券のキャンセルの場合もとりけし料がかなりかかってしまいます。

レガシーキャリアを利用した時と同じくらいの飛行機代になってしまっては元も子もないので、旅程の作成も余裕のあるものを作りましょう。

またインターネットではなく電話予約をした場合も手数料がかかりますのでLCCの場合はインターネットで購入した方が賢明です。せっかく安さのメリットを享受したいのですから、出来るだけ追加費用はかからないようにして、安い料金の航空券をゲットするようにしましょう。

空席連動型の運賃には空席が出る可能性が高い

同じ区間の格安航空券でも値段に開きがある場合があります。
空席連動型の運賃の場合は空席が多い便ほど飛行機代が安くなります。

例えば土日などの飛行機は混むので料金は高めに設定してありますが、平日の昼間のような観光客やビジネスマンがあまり利用しない便であれば空席が目立ってしまいますので、それを埋めるために飛行機代が安くなります。

この時間帯の便数を狙うのもおすすめです。

旅行というと楽しいですが、費用がかさんでしまうとせっかくの思い出が台無しになってしまいます。もし機内サービスがないとか、空港内でのカウンターが遠いなどといったことが気にならないようであれば飛行機代は安く抑えて、目的地で思いっきりお金を使った方が賢いです。せっかくの旅行でケチケチしないようにLCCを上手に利用してみてください。