格安の飛行機を利用する際に気を付けるべき注意点4つ

hkiwwh

格安航空券を利用することによって飛行機代を安くおさえて、お得に旅をする人が増えてきました。

最近ではジェットエアーやピーチ、春秋航空などLCC各社がしのぎを削っており、私たち利用者にとっては安い料金で飛行機を利用できるので嬉しい限りです。

しかしLCCを利用する際には4つの注意点が必要です。

LCC利用における1つ目の注意点

一つ目は変更やキャンセル料が高いということです。

JALやANAのようなレガシーキャリアでは変更やキャンセル料は負担にならない程度ですが、LCCの場合それらの料金がとても高くなってしまいます。

もしやむを得ない事情で飛行機をキャンセルする羽目になってしまうと格安ではなくなってしまうのでとても損をしたような印象を受けるでしょう。

結局レガシーキャリアの飛行機代とさほど変わらない料金を支払うことになってしまうからです。旅行の日程を作成する際には必ずこの日は旅行に行けるという日を選ぶようにしてください。

LCC利用における2つ目の注意点

二つ目はLCCには往復割引がないということです。
レガシーキャリアでしたら往復でチケットを購入するとある程度の割引が適用されますが、LCCにはありません。

もし帰りの日程が不確実であれば片道だけ購入しておく方がベターです。もしチェックインに遅れるようなことがあればそれもペナルティーが科せられてしまいます。時間があるときに持った行動をすることもLCCを利用する上で必要です。

LCC利用における3つ目の注意点

三つめは悪天候など航空会社の理由でフライトがキャンセルになった場合、振替便やホテルの手配がほとんど期待できないという点です。

レガシーキャリアであれば、便数が多いですから振替便の手配をスムーズに行ってくれます。まあ宿泊が必要となった場合は近隣のホテルを手配してくれるので、悪天候に遭遇してしまっても安心して航空会社のサービスを受けることができます。

しかしLCCの場合はほとんどの場合、このようなサービスを受けることができないと考えた方が無難でしょう。地方の空港では近隣のホテルの数が少ないので、空港のお客様カウンターで一夜を過ごすことになります。
このような事態にあってもこれもこういう運命だと開き直ることができて、のんびりと待てる姿勢が取れる人の方がLCCの利用に向いていると言えるでしょう。

LCC利用における4つ目の注意点

四つ目はLCCのチケット予約はインターネットが良いということです。

電話予約もできますが、この場合手数料がかかりますので、格安感を感じることができなくなります。私のようにインターネットで希望の便を予約することが苦にならないタイプの人が向いていると言えるでしょう。

以上の点を踏まえて上手にLCCを利用してみてください。